2010年08月31日

【拉致被害者】有田芳生@Yahoo知恵袋

北朝鮮拉致被害者家族の方々は民主党支持なのでしょうか?


北朝鮮拉致被害者家族の方々は民主党支持なのでしょうか?

民主党立候補者・有田芳生さんのところに、横田夫妻の写真が載っているのに、少し意外性を感じました。

【拉致被害者を1日も早く救出する為に北朝鮮と交渉致します】らしき事が書かれていただけなのですが、この方が交渉できるほどの何かを持ち合わせているのですか?




ベストアンサーに選ばれた回答


有田芳生氏の背景を少しでも知っている人は、彼が選挙公約の1つに、北朝鮮の拉致問題を掲げることについて、意外性どころか、不信感を感じるのが、通常の反応でしょう。

有田芳生氏は、名前(ヨシフ・スターリンから取った)でわかるように、共産党一家に生まれ育ち、学生の頃から、民青(民主青年同盟)で活動し、社会に出てからも、共産党系の出版社を転々としています。その後、TBSザ・ワイドのコメンテーターになりますが、そのきっかけも、当時、共産党が激しく攻撃をしていた、勝共連合=統一教会の取材をしていたことから、引っ張り出されるようになったということです。

ある事件により、共産党から一方的に除籍されていますが、ブログなどで見る、交友関係は、やはり左翼的な出版社、ジャーナリスト、あとは、反統一教会の左翼牧師・左翼弁護士等で、共産主義を捨てたという宣言らしきものはありません。

北朝鮮の拉致問題に関して、事件発生直後(1970-80年)から、北朝鮮に対する疑惑はありましたが、「拉致はない」と声高に主張してきたのは、まちがいなく共産党と社会党(現社民党)であり、「北朝鮮は地上の楽園」、と吹聴する進歩的知識人だったのです。

共産党が、「北朝鮮による拉致」を、しぶしぶ認めたのは、2002年9月17日、金正日が拉致を認めて謝罪した後であり、社会党に至っては、10月7日、田嶋陽子の離党会見の際に、記者に詰め寄られて、本当にしぶしぶ、土井たか子が党首として謝罪したという経緯でした。

マスコミでは、例えば、NEWS23の筑紫哲也氏は、「北朝鮮による拉致」というニュースそのものを取り上げず、「無視」するという姿勢を貫き(参考 天晴れ!筑紫哲也NEWS23 文春新書 中宮 崇)、左翼雑誌「週刊金曜日」に到っては、日本政府と帰ってきた拉致家族を批判するという暴挙(同2002.11.15号)、に日本中があきれはてたのです。

※拉致なんてないと言ってた人たちリスト
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/6112/ratihitei.html

2002年9月17日を境に、ネット上では、政治家、学者、言論人が、過去の自分の発言を消去するのに、奔走したことは、記憶に残っていることでしょう。

有田芳生氏は、左翼雑誌「週刊金曜日」にも多くの記事を書いており、当然、共産主義国家である、北朝鮮、中国、ソ連を擁護する側に属していたわけです。

ところで、民主党は、実にわかりにくい党で、その中に、思想的には、自民党、共産党、社民党(社会党)といった人が混在しています。上記のような「北朝鮮による拉致」の歴史的背景を踏まえてみれば、共産主義を中心とする左翼陣営に属していた人たちが、何のケジメもつけずに、北朝鮮の拉致問題に取り組む事に、「納得がいかない」のは、まったく当然のことです。(出来る出来ない以前の問題!)

罪滅ぼしにやるなら、そのように、はっきりと反省と謝罪を述べるべきであり、そうでなければ、選挙に勝つため、過去を封印し、自分に都合良く利用していると批判されても、返す言葉はありません。

北朝鮮拉致被害者家族の方々は、あまりにも長い間、国や社会から無視されてきたので、今更、誰かに、何か文句を言う気もなくなっているのではないでしょうか。

ちなみに最もはやくから(80年代)、北朝鮮の危険性を、ビラ、情宣活動、大会等の活動を行い、大きくキャンペーンし、さらにスパイ防止法の制定運動を進めて来たのは、共産党・社会党(有田芳生氏)の宿敵、勝共連合=統一教会でした。勝共連合=統一教会が、政界の保守派に強い影響力持つようになったのは、こうした歴史的背景があるのです。


記事URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1142946186

★恐らく、北朝鮮の拉致問題は文鮮明先生を通してしか、完全に解決されることは無いと思います。今のままでは、北朝鮮側から搾取されるだけされて終わりでしょう。
そもそも、拉致問題が発生したのも、勝共連合が成立を目指していたスパイ防止法を、共産側がマスコミを使って統一教会のネガティブキャンペーンを大々的にして、潰したからであって…
要は、拉致問題の発生原因を作った人物が、今になって、謝罪ひとつせず、拉致問題は悪いことだから拉致被害者を救おう!と、非常に都合のいいことを言っているのです。
被害者家族の方には申し訳ないですが、これじゃ解決にするわけ無いですよね…。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 12:42 | TrackBack(0) | 北朝鮮拉致と統一協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

【拉致被害者】東京・新宿教会で「被害者の会」八月度月例集会

 東京・新宿教会で8月17日(火)、「拉致監禁・強制改宗 東京被害者の会」が三回目となる月例集会を行いました。


 はじめに、「全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会」の後藤徹代表が、8月1〜5日にかけて来日した欧州調査団の前で、自身を含む拉致監禁被害者がその体験を証言した際の様子を報告。後藤代表は「ヨーロッパの有識者の皆様は、日本で重大な人権侵害が現在も行われていることに衝撃を受け、深刻に受け止めておられた様子でした。会議でも、専門家の立場からの有益な議論が交わされ、提言が多く出ました」と語りました。


 続いて、「拉致監禁対策日本委員会」の澤田講師より、拉致監禁解放プロジェクトの様々な取組みの進捗状況や結果の報告が行われました。


 集会で実施された「子供が信仰を持つことで不安に思っている父兄に教会の責任者らと共に会っても良いか?」というアンケートの質問に対し、「会ってもよい」という回答が大半を占めました。その結果を受けて「東京 被害者の会」は、その為の学習会や親交会等を準備することになりました。


記事URL:http://www.ucjp.org/?p=3391

★マスコミに植えつけられたイメージのみしか知らない中で反対するのではなく、何度も教会に来て、実態を知って、それでも反対したいのならすればいいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 12:31 | TrackBack(0) | 統一協会被害者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

【拉致被害者】「13年目の真実〜誰が彼女の命を奪ったのか」 映像をアップしました

さる7月11日(天暦5月30日)、梶栗玄太郎会長の主礼の下、
「藤田孝子姉 昇華祝祭」が日本統一教会本部礼拝堂にて執り行われました。



式典で上映された藤田孝子さんの生涯を紹介する映像(日本語、韓国語、英語)を、Youtube公式チャンネルにアップしました。



下記リンクよりご覧になれます。

日本語版 <13年目の真実>
한국어 <13 년만의 진실>
English Version<Revelation after 13 years>

記事URL:http://www.ucjp.org/?p=3399

★一度ご覧ください。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 22:22 | TrackBack(0) | 統一協会被害者You Tube動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。