2011年01月28日

【拉致被害者】失踪中の日本人婚約者を探す韓国人男性が婚約者の両親に手紙を送付

 東京出身の日本人女性で、現在は韓国統一教会・光州教会に所属しているTさん(36)が昨年12月にビザ切り替えのため一時帰国し、都内の実家などに滞在していたところ、12月13日から行方不明となっています。
 状況から見て、強制棄教を目的とした拉致監禁であることが濃厚です。

 Tさんは2009年10月、国際合同結婚式に参加し、韓国人男性の李張熙(イ・ジャンヒ)さんと結ばれ、来月から韓国で家庭を出発する直前の出来事でした。
 Tさんの身を案じた婚約者の李さんは、昨年12月27日に来日。
 東京の韓国領事館や石神井警察署に協力を求める一方、Tさんの実家などを訪問しながら必死に行方を探しましたが、有力な手掛かりが掴めないまま、帰国を余儀なくされました。
 このたび李さんが、事情を知っていると思われるTさんの両親に宛てて手紙を送付しました。
 李さんの許可を得て、その全文を紹介します。
 なお、原文では実名で書かれていますが、本人のプライバシーに配慮して、イニシャルにしてあります。

》》Tさんのご両親への手紙(日本語)


記事URL:http://kidnapping.jp/index.html


★家庭出発を控えた婦人が拉致監禁されました。
親の願い通り統一協会から脱会したとして、拉致監禁被害にあった人は、ほぼPTSDなどの精神疾患にあっています。
拉致監禁による強制棄教に成功したとして、精神疾患から回復するのにどれくらいかかるでしょうか。
これは、非常にうがった考え方ですが、Tさんはもう36才です。今は初婚の平均年齢が上がっているとはいえ、36才でうつ病とかPTSDにかかり、回復までに数年を要したとして、40前後でしょう。
完全に婚期を逃していますし、それから良い相手を見つけるのはかなり大変なんじゃないでしょうか。
その辺の心配は、Tさんの親のほうがとてもしていると思いますが、拉致監禁を指導した反対派の牧師が、拉致監禁の弊害を正しく伝えず、正常な判断を親にさせなくしている気がします。
冷静になったときに、失った時を取り戻そうとしても取り戻せないよ!!
反対派の牧師は、脱会した後の責任をちゃんと取らないので、私は嫌いです。
posted by こまこ at 21:32 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)発生! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。