2011年02月21日

【拉致被害者】当会後藤代表が12年5カ月間の拉致監禁・棄教強要で“脱会屋”らを東京地裁に提訴

当会の後藤徹代表は、このほど、自身に対する拉致監禁・棄教強要に関与した親族や新津福音キリスト教会の松永堡智(やすとも)牧師、「職業的強制脱会屋」である(株)タップ社長・宮村峻氏などを相手取り、東京地裁に損害賠償(約2億円)を求める民事訴訟を起こしました。
 統一教会信者である後藤代表は1995年9月から2008年2月までの12年5カ月間、親族らによって拉致監禁され、棄教を強要されました。監禁中、後藤代表は脱会屋や親族から罵詈雑言を浴びせられ、暴行や食事制裁を受け続け、人生の貴重な時間を奪われました。

 こうした蛮行に対し、後藤代表は2008年6月、警察に告訴状を提出。ところが、東京地検担当検事はこれを不起訴処分としました。

 これを到底容認できない後藤代表は10年6月、検察審査会に不服申し立てを行いましたが、審査会は同年10月、虚偽と詭弁に満ちた被疑者側の供述を一方的に採用し、「不起訴相当」の議決を下しました。 こうした経緯があって、後藤代表は今回、被害の回復と、その罪状を世に訴えるため、民事訴訟に踏み切った次第です。 今なお続く拉致監禁・強制改宗という犯罪行為、重大な人権侵害に終止符を打つうえでも、今回の裁判が重要な一歩となることは間違いありません。


記事URL:http://kidnapping.jp/news/20110203.html

★法の下の平等を求めます。
posted by こまこ at 22:11 | TrackBack(0) | 12年間拉致監禁された後藤徹氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【拉致被害者】月刊誌「財界にっぽん」2011年3月号/これが真理を追究する大学なのか?

 月刊誌「財界にっぽん」2011年3月号に、全国の大学で「カルト対策」と称して、統一教会の友好団体「CARP(全国大学連合原理研究会)」のメンバーに起こっている「忌まわしい“迫害”」の実態について、特別レポートが掲載されました。



 記事は、宗教ジャーナリストの室生忠氏が執筆しており、今回で12回目のレポートになります。



 「確認されているだけでも、学内拉致を含めてこの5年間に約40件ものCARPメンバーの拉致監禁事件が発生している。大学におけるCARP迫害の実態はいかなるものか」と実際に起きた事件を基にその特徴や構造などを明らかにしています。


 「まず慄然とさせられるのは、大学関係者が公然と『救出』と称する強制棄教、つまり拉致監禁の必要性に言及していることだ」



 「事件の発生を事前に知りながら、防止するどころか進んで協力を申し出る大学教授たち。これが正義と真理・真実の探究を旨とする国立大学の姿だろうか」と筆者も憤りを込めて、様々な事実を報告しています。





 「大学の保護者への働きかけは、驚くべきことに、本人が大学を卒業した後も続く」という事実があることなど、次回からも数回にわたって、この問題を追求していくようです。  



 同誌は、2月1日から全国の主要書店で販売されており、主要図書館でも閲覧することができます。



記事URL:http://www.ucjp.org/?p=5549

★個人的な感覚ですが、私大より国立大の方が宗教迫害が甚大で深刻な気がします。
なぜなんでしょう?
posted by こまこ at 22:08 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【拉致被害者】「最高裁和解の記録」、今利理絵さんの連載が始まる/世界日報・“拉致監禁”の連鎖

世界日報紙の特集「“拉致監禁”の連鎖」で、拉致監禁事件の被害者・今利理絵さん(現在40)と夫の智也さん(同41)がたどった不屈の裁判記録についての連載が2月4日から始まっています。



 「この43年間で4300件にも及んだ強制棄教・改宗を目的とした信徒への拉致監禁事件。その中には、憲法に保障された信教の自由とその不干渉の約束などを求めた民事訴訟で、一、二審原告敗訴という連敗にも諦めず最高裁に上告。民主主義国家の根幹を成す基本的人権が問われた上告審で、最高裁主導による異例の和解という形で決着した稀有なケースがある」(世界日報2月4日付)



 現在、特集「最高裁和解の記録」 が今利さん夫妻の証言を基に連載中です。



 記事は世界日報のホームページでも無料で閲覧することができます。



 世界日報・特集「最高裁和解の記録」

 (1) 異例、突然の勧告で決着
 (2) 「二度としないように」と説示
 (3) 極めて稀有な和解ケース
 (4) 辺りに響く女性の悲鳴

記事URL:http://www.ucjp.org/?p=5476

★今利さんが訴えなければ、今現在も拉致監禁被害者の数は膨大でしたでしょう。
犠牲者を増やさないために他ならぬ両親を訴えるという決意をされた今利さんに敬意を表します。
posted by こまこ at 22:02 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。