2010年07月22日

【拉致被害者】統一教会のNKさんが監禁され1ヶ月

統一教会の信徒であるNKさん(25歳)が平成22年6月14日(月)に拉致監禁され、早1ヶ月が経つ。

市民団体「拉致監禁をなくす会」によると、6月14日(月曜日)の朝、NKさんのアルバイト先に、親から「息子が緊急入院したので、仕事はしばらく休む」という連絡が入った。

その後、仲間の信徒が杉並区の自宅を訪問すると もぬけの殻。近所の人に問い合わせると、「家族で旅行に行くという挨拶がありました。いつ帰るかは決まっていないということでした」と返答。

NKさんは統一教会 南東京教区 孝成教会 所属で婚約中の女性もいたとの事。



改宗屋(左翼系弁護士、キリスト教牧師など)は拉致監禁を「保護説得」と称し、信徒の家族らに多額の金額を支払わせる。信徒に事前に伝える事はなく、強制的・一方的にマンションの一室に閉じ込め、精神的に追い詰めて改宗をする。

もし、信徒のご両親が統一教会に不安を感じるなら、もっと冷静な話し合いの場が必要なのではないだろうか?

現在、監禁されているNKさんの解放を祈るばかりである。

(レポーター:タメニイキル)


記事URL:http://d.hatena.ne.jp/tameniikiru/20100720

★息子が連れてきた結婚相手が気に入らず、両親が息子を閉じ込め、婚約を破棄するまで解放しないと脅しました。
この文章を読めば、狂った親だなぁと思いますよね。
棄教させようとするのも、重大な人権侵害ですし、親が子供を閉じ込めて良い訳がありません。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 23:35 | TrackBack(0) | 弁護士・牧師の保護説得ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157145605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。