2010年09月01日

【拉致被害者】“牧師”という肩書きを持った偽善者

海外メディアの以下のようなニュースを見つけました。

『ナイジェリアで「魔女狩り」横行、幼児虐待や殺害も』

 ナイジェリア・アクワ・イボム州(CNN) ナイジェリア南東部のアクワ・イボム州で、子どもや女性が魔女と名指しされ、虐待されたり追放されたりするケースが相次いでいる。

 牧師らは、疫病や貧困がはびこるのは魔女のせいだと主張し、魔女とされた人物は浄化しなければならないとの教えを広める。特に地方では、子どもが最大の犠牲者になっている。

 夜明け前、村の人たちがきょうだい3人を取り囲み、母親が涙を流しながら自分の子どもたちを追放する光景に遭遇した。子どもたちは、黒魔術を使って幼い兄弟2人を殺したとされていた。

 こうした子どもの救出活動を展開しているサムさんは、「もし私がいなければ、子どもたちは川に投げ込まれたり、生きたまま焼き殺されたりしていたかもしれない」と話す。

 サムさんは、子どもたちは魔女ではないと母親らを説得しようとしたが信じてもらえず、自身が運営する児童養護施設に子どもたちを連れて行った。施設で暮らす200人近い子どもは、全員が魔女とみなされて家族から追放されたという。

 5歳のゴドウィンちゃんは、母親が死亡したのはゴドウィンちゃんのせいだと牧師に責められたという。親類に問い詰められ、「否定したら殴られて、自分が母親を殺したと告白させられた」とサムさんは話す。殴られたり熱湯をかけられたりした傷跡を持つ子どもも多い。

 サムさんの話では、魔女信仰が児童虐待に結びつくようになったのは10年ほど前からだという。地元の非営利組織(NGO)関係者は「宗教指導者が金目当てに保護者の無知に付け込んでいる」と指摘する。魔女から解放するための儀式と称して300〜2000ドル相当を要求する牧師もいるという。

 しかし地元自治体は、サムさんや児童保護NGOの活動の方が金目当てだと批判。児童保護の新法によって、ほとんどの問題は解決したと主張する。しかし同法ではまだ1人も訴追されてないことも認めた。今でも同地では、毎晩のように儀式の悲鳴が響き、魔女追放が行われている。
【8月26日11時18分CNNに配信されたニュースを引用】

 この人権蹂躙のプロセスをまとめてみると、以下のようになります。すると私達、統一教会の信者に対する拉致監禁事件と問題発生のプロセスが余りにも同じ構図となっている事がよくわかるかと思います。宗教的独善性の一幕を見るようです。

@キリスト教牧師によって“魔女”扱いされて虐待されている人が存在する
Aキリスト教牧師達は“魔女”扱いされた人物を浄化しなければならないと宣伝する
B“魔女”扱いされた人物は牧師から責められる
C子供の主張を親は信じてくれない
D従って子供が最大の犠牲者で、加害者が宗教指導者に指導された親や親族である
E親が子供の主張を信じない最大の理由は宗教指導者が金目当てに保護者の無知に付け込んでいる
F子供が自分は“魔女”ではないと否定すると親類に問い詰められ暴力を受ける
G魔女から解放するための儀式と称して300〜2000ドル相当を要求する牧師もいる
H児童保護の新法によって、まだ1人も訴追されてない
I今でも同地では、毎晩のように儀式の悲鳴が響き、魔女追放が行われている。


 一方、日本における統一教会信者への拉致監禁・強制改宗のプロセスはと言えば


@キリスト教牧師・職業的脱会活動家・特定の弁護士・ジャーナリストらによって“カルト”扱いされて虐待されている
Aキリスト教牧師・職業的脱会活動家・特定の弁護士・ジャーナリストらは、“カルト”扱いされた人物を強制改宗しなければならないと宣伝する
B“カルト”扱いされた人物はキリスト教牧師・職業的脱会活動家・特定の弁護士・ジャーナリストらから責められる
C子供の主張を親は信じてくれない
D従って子供が最大の犠牲者で、加害者がキリスト教牧師・職業的脱会活動家・特定の弁護士・ジャーナリストらに指導された親や親族である
E親が子供の主張を信じない最大の理由はキリスト教牧師・職業的脱会活動家・特定の弁護士・ジャーナリストらが金目当てに保護者の宗教的無知に付け込んでいる
F子供が自分は信仰を捨てないと主張すると親類に問い詰められ暴力を受ける
G“カルト”である統一教会から解放するための脱会説得費用として200万〜1200万円相当を要求する牧師もいる
H日本国憲法によって、まだ1人も刑事訴追されてない
I今でも日本では、毎日のように脱会説得による統一教会信者の悲鳴が響き、拉致監禁・強制改宗が行われている。


どちらも早急な問題解決が望まれます。


記事URL:http://ratikan2010.blog134.fc2.com/blog-entry-45.html

★キリスト教が本当に正しかったのなら、これだけ世界に広がっているのに、なぜ世界は平和にならないのでしょう。
イエス・キリストは宗教を作りにこられたわけではなく、世界を平和にするためにこられたのです。
「キリスト教」という枠組みに捕らわれ神の愛を忘れた者は、外的には牧師だとしても、内的にはサタンの化身なのでしょう。羊の皮を被った狼というのは言い得て妙です。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 12:34 | TrackBack(0) | 反カルトのカルト性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161205119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。