2010年09月07日

【拉致被害者】―宮村峻研究―

「拉致監禁をなくす会」のブログに6月17日付で「6月14日、統一教会南東京教区のNKさんが拉致監禁されました。」との記事が載った。またそれに関連して、フリーランスのジャーナリスト米本和広氏のブログ「火の粉を払え」で婚約者からの訴えが掲載されました。そして、この事件の背景には、保護説得請負人の宮村峻氏が関与していることが明らかになって来ました。

私が宮村氏と杉並区の荻窪フラワーホームでであったのは21年前のことでした。そのときの体験が鮮明に思い出されます。この宮村氏が最近また活発に活動している様子。このまま見守っているわけにも行かないと思い、このブログを立ち上げました。

まずは、私が拉致監禁をなくす会に寄せた手記を、本ブログに掲載します。転載の許可は得ています。前回の連載字に書ききれなかったことを基に、書き換えを行うこともあります。


記事URL:http://miyamurakenkyu.seesaa.net/

★婚約者を拉致監禁され失ってしまわれた原田和彦さんのブログです。宮村氏の横暴さや、警察のあまりに不適切な対応などが鮮明に書かれています。ご一読ください。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 12:51 | TrackBack(0) | 弁護士・牧師の保護説得ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。