2010年10月17日

【拉致被害者】真の父母様もご覧になっていた韓国SBS拉致監禁問題の放送

日本の統一教会の拉致監禁問題を扱った韓国SBS「ニュース追跡」ですが、10月6日の放送を、真のご父母様が直接ご覧になり「勝利した」とのみ言をくださったそうです。

この日の韓国全土の視聴率は8.9%。夜23:00からの報道番組で、普段も今回のような重い内容であるため、通常はこれほどの視聴率は取れないとか。

また、放送後の反響が大きく、通常一週間で20件程度しか書き込まれない番組の掲示板が、放送直後から3日で1200件近くの書き込みがあったそうです。内容は賛否両論で

•SBSは統一教に買収されたのか
•プロデューサーは信者


という中傷・誹謗や

•衝撃的
•日本では人権がここまで無視されるのか?
•現代の魔女狩り
•人間のアイデンティティを問うすばらしい内容
•番組制作陣の勇気に拍手を送る


といった意見があったとか。

また「タイトルを見て、統一教が監禁をするものだとばかり思っていた」という人までいたそうです。

日本に「信教の自由」を取り戻すため、外国からの援助が増える気がします。

記事URL:http://true-love-family.at.webry.info/201010/article_15.html

★また大規模な反中デモを報道しなかった日本のマスメディア。信用性が地に落ちてきました。


posted by こまこ at 23:33 | TrackBack(0) | 統一教会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。