2010年10月18日

【拉致被害者】月刊誌「財界にっぽん」11月号/ 変貌する新宗教運動テーマの国際会議で問題的された「拉致監禁」

 月刊誌「財界にっぽん」の11月号に、今回で8回目となる拉致監禁・強制改宗に関する特別レポートが掲載されました。


 全4ページにわたる記事は、9月93日から3日間、イタリア・トリノにあるトリノ大学で開催された「『CESNUR(新宗教研究センター)』2010年国際会議」で「変貌する新宗教運動」をテーマに行われた会議の様子を、宗教ジャーナリストの室生忠氏がルポしたもの。


 「変貌する新宗教運動テーマの国際会議で問題提起された拉致監禁『あなた方のプレゼンは最も重要なトピックです!』―イタリア・CESNUR代表理事が絶賛した後藤氏らのプレゼン」との見出しで始まる記事では、最初に、CESNURについて紹介。「著名な宗教社会学者マッシモ・イントロヴィニエ氏を代表理事に、新宗教運動を学問的に調査研究する学者たちがトリノを拠点に1988年に設立。ロンドン大学社会科学部教授アイリーン・パーカー博士をはじめ、錚々たる新宗教研究者が名前を連ねている」と説明しています。


 また、米国の「ICSA(国際カルト研究協会)」と大きく異なる特徴として、「教団の問題低を明らかにする一方、信教の自由を強調して、マインド・コントロール、思想改造、洗脳などの反新宗教的な概念に対しては、科学的な裏づけを欠くとして批判的なこと」と指摘しています。


 記事は、「拉致監禁・強制改宗」問題は、米国では1990年代末、そして欧州でも1980年代にほぼ終息し、現在では大きな社会問題なっていないと指摘。しかしながら、後藤氏らによるプレゼンに加え、質問に立った「全国霊感商法対策弁護士連絡会」所属の山口貴士弁護士(リンク総合法律事務所)による無礼な振る舞いが、後藤氏らの「プレゼンをよりエキサイティングなものにする、最高の演出効果を引き出した」結果として、参加した有識者たちの高い注目を集めたエピソードが紹介されています。


 同誌は、10月1日から全国の主要書店で販売されており、主要図書館でも閲覧することができます。


記事URL:http://www.ucjp.org/?p=4057

★弁護士が無礼な振る舞いってどうなんでしょう。しかも、結果的に引き立て役になってしまったなんて…なんか…情けないですね。

posted by こまこ at 23:22 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166192448
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。