2011年01月14日

【拉致被害者】米本さんの決意!

米本さんは元々は、反統一教会、反カルトの立場を取っていた方である。しかし、この統一教会員に対する拉致監禁問題は、断固として反対の立場をとり続けてきました。

この問題と関わり、ある面では教会を擁護するような立場に立っているため、様々な方面からの攻撃を受けながらも、決してひるむことなく、一貫して拉致監禁の違法性を唱え続けて下さっている。


当然、米本さんは、統一教会員ではない。それなのに、教会員以上に矢面に立ち、自らの利益を顧みないどころか、ルポライター人生をかけて、拉致監禁された数えきれない兄弟姉妹の為に立ちあがっておられる。


その姿に、その決意に、私たちも学び、もっともっと奮起しなくてはいけないと思わされます。
米本さんが勇気を出して仲間たちを批判する立場に立ちました。


私たちも教会を批判せよということではありませんが、謙虚になって私たち一人一人が、教会全体が傲慢になることなく、変わっていくことが、本当の意味で大切ではないかと考えます。


記事URL:http://ameblo.jp/kimkim108/entry-10767619436.html


米本さんのブログ「火の粉を払え」はこちら


★協会側の対応に憤慨しながらも、それでもこのような非道な犯罪は許してはならないと世間に訴え続けてくれる米本さんに、私たちも応えなければなりません。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 19:21 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180673665
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。