2011年02月21日

【拉致被害者】「最高裁和解の記録」、今利理絵さんの連載が始まる/世界日報・“拉致監禁”の連鎖

世界日報紙の特集「“拉致監禁”の連鎖」で、拉致監禁事件の被害者・今利理絵さん(現在40)と夫の智也さん(同41)がたどった不屈の裁判記録についての連載が2月4日から始まっています。



 「この43年間で4300件にも及んだ強制棄教・改宗を目的とした信徒への拉致監禁事件。その中には、憲法に保障された信教の自由とその不干渉の約束などを求めた民事訴訟で、一、二審原告敗訴という連敗にも諦めず最高裁に上告。民主主義国家の根幹を成す基本的人権が問われた上告審で、最高裁主導による異例の和解という形で決着した稀有なケースがある」(世界日報2月4日付)



 現在、特集「最高裁和解の記録」 が今利さん夫妻の証言を基に連載中です。



 記事は世界日報のホームページでも無料で閲覧することができます。



 世界日報・特集「最高裁和解の記録」

 (1) 異例、突然の勧告で決着
 (2) 「二度としないように」と説示
 (3) 極めて稀有な和解ケース
 (4) 辺りに響く女性の悲鳴

記事URL:http://www.ucjp.org/?p=5476

★今利さんが訴えなければ、今現在も拉致監禁被害者の数は膨大でしたでしょう。
犠牲者を増やさないために他ならぬ両親を訴えるという決意をされた今利さんに敬意を表します。
posted by こまこ at 22:02 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187105509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。