2011年03月02日

【拉致被害者】拉致監禁事件が発生

 被害者は足立教会所属の女性教会員S.S.さん(33歳 韓日祝福家庭)です。今年5月の渡韓に向けて、埼玉の自宅で準備していたところ、2月26日以降連絡が途絶えました。

 Sさんのご両親は昨年から「全国統一協会被害者家族の会」に連絡をとっていたようです。そのため足立教会の責任者や「東京 拉致監禁・強制改宗被害者の会」の代表・小林宗一郎さんらが、ご両親と話し合いの場をもち、その結果「拉致監禁はしない」と約束してくださっていました。


記事URL:http://kidnapping.jp/news/20110301.html


★Sさんは、私の元アベルです。約1年お世話になった大好きな方です。
去年までは献身者として活動されていましたが、今は1人の修練生として生活され、派遣社員として企業で働かれてもいます。(多分、まだ契約期間内なんじゃないかと思われるので、仕事は大丈夫なのでしょうか…)
アベルとしてお世話になっていたとき、拉致監禁についても話しました。(その時は、私自身が拉致監禁の危険性が高い時期でした)
「私も、父親が、統一教会は悪いところなんだって突然言ってきたりするよ。こまこちゃんと同じように証したら、私も拉致監禁の可能性が高いんだよね。」とおっしゃっていました。
まさか、数年前の話の内容が現実になるとは思いませんでした…。

Sさんも、最近は更新をされていませんが、ブログをもっていらっしゃいます。
同じ部署だったときに作られていました。

Sさんのブログはこちら
http://ameblo.jp/happy-hana-happy/

信仰に反対されているご両親のお話も出てきます。
YMさんと同じように、文の端々からご両親への愛情が感じられて、今では切ないです。



※訂正
Sさんは、修練会参加のためと、自身の拉致監禁で職場にご迷惑をかける可能性があることから、既に退職されていたそうです。


posted by こまこ at 23:43 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)発生! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。