2011年01月14日

【拉致被害者】米本さんの決意!

米本さんは元々は、反統一教会、反カルトの立場を取っていた方である。しかし、この統一教会員に対する拉致監禁問題は、断固として反対の立場をとり続けてきました。

この問題と関わり、ある面では教会を擁護するような立場に立っているため、様々な方面からの攻撃を受けながらも、決してひるむことなく、一貫して拉致監禁の違法性を唱え続けて下さっている。


当然、米本さんは、統一教会員ではない。それなのに、教会員以上に矢面に立ち、自らの利益を顧みないどころか、ルポライター人生をかけて、拉致監禁された数えきれない兄弟姉妹の為に立ちあがっておられる。


その姿に、その決意に、私たちも学び、もっともっと奮起しなくてはいけないと思わされます。
米本さんが勇気を出して仲間たちを批判する立場に立ちました。


私たちも教会を批判せよということではありませんが、謙虚になって私たち一人一人が、教会全体が傲慢になることなく、変わっていくことが、本当の意味で大切ではないかと考えます。


記事URL:http://ameblo.jp/kimkim108/entry-10767619436.html


米本さんのブログ「火の粉を払え」はこちら


★協会側の対応に憤慨しながらも、それでもこのような非道な犯罪は許してはならないと世間に訴え続けてくれる米本さんに、私たちも応えなければなりません。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 19:21 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

【拉致被害者】月刊誌「財界にっぽん」12月号/ 強制改宗事件で糾弾・攻勢をかける新興宗教団体

 月刊誌「財界にっぽん」の12月号に、統一教会員に対する拉致監禁・強制改宗に関する特別レポートが掲載されました。 今回で9回目となります。


 全4ページにわたる記事は、拉致監禁・強制改宗問題の全面解決に向けて奮闘する被害者や統一教会の取組みを紹介。また、今夏発生した4件の事件の詳細やマスコミの報道姿勢の異常さにも触れています。


 「強制改宗事件で糾弾・攻勢を掛ける新宗教団体―今夏、信徒らを狙った拉致監禁事件が4件も発覚―宗教迫害についての新聞報道は、ほとんどなし」との見出しで始まる記事では、最初に、全国各地で行われた糾弾デモの様子を紹介。「拉致監禁事件の周知と、早期救出を訴えるデモは、今年になって毎週のように全国各地で行われるようになった」と説明しています。


 また、デモを継続して実施する効果として、「当初は、沿道の人たちにほとんど関心を持たれていなかった」が、「2度目のデモでは、配布されるビラを手に取る人は確実に増え、関心を持つ人も出てきた」と、実際に現場を取材した立場で言及しています。


 続いて記事は、今夏発生した4件の被害事件の詳細を紹介。「(被害者)本人を電話口に出すことなく、名前を告げなかったり、両親や親族の名前を出して『話し合いをしている』とだけ一方的な連絡があるのは、最近の拉致監禁に一致するパターンだ」と指摘し、背後で被害者の家族たちを操る脱会屋や牧師の存在を問題視しています。

 
同誌は、11月1日から全国の主要書店で販売されており、主要図書館でも閲覧することができます。



記事URL:http://www.ucjp.org/?p=4704

★今日から少しずつ復活いたします。拉致監禁の撲滅を願って・・・


にほんブログ村 政治ブログ 人権へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 23:32 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

【拉致被害者】月刊紙「中央ジャーナル」/ 統一教会が告発する「日本収容所列島」

9月25日発刊の月刊紙「中央ジャーナル」に、「統一教会が告発する『日本収容所列島』」という見出しで、統一教会信者に対する拉致監禁・強制改宗を批判する記事が掲載されました。

 同紙は、5・8月にも拉致監禁問題に関する記事を掲載。医師で市民団体「拉致監禁をなくす会」代表の小出浩久氏の1年8ヵ月にわたる監禁下での棄教強要について紹介しました。

 今回の記事では、「被害者たちはこれまで計二十件の刑事告発を行ってきたが、司法当局は一件も起訴しなかった」「警察も、拉致監禁に親や兄弟など親族が関わっているため、民事介入を懸念してか及び腰」と批判。「宗教迫害はたとえ親子でも許されない」と強調しています。

 また、統一教会が「拉致監禁・強制改宗に関わった人々の道義的・法的責任追及」に立ち上がっていることに触れながら、世界日報の連載「拉致監禁の連鎖」や拉致監禁の悲惨な実態と統一教会の取り組みをまとめた『日本収容所列島』(梶栗玄太郎編)を紹介しています。

 最後に記事は、「一連の事件の背後では、プロの脱会屋、キリスト教牧師、弁護士らが暗躍、親族を操っており、法外な謝礼金が支払われているという」と報じています。


記事URL:http://www.ucjp.org/?p=4094

★日本は宗教オンチで、人権オンチ!このままじゃ世界の笑いものです。


にほんブログ村 政治ブログ 人権へ
にほんブログ村

posted by こまこ at 14:23 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。