2010年10月06日

【拉致被害者】本日、拉致監禁問題が韓国SBSで放映!!

先日、渋谷で大規模な反中デモが行われたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101004-00000079-scn-int
(Yahoo!ニュースより)

新聞の一面で取り上げられてもおかしくない大規模なデモです。
しかし、日本の新聞・TV等で報道されることは全くありませんでした。
むしろ海外メディアが報道しています。

「都合が悪い事実は隠します! 国民に知らせません!」
そんなメディアの“決心”を感じます。

統一教会員への拉致監禁も同じです。
真実が明らかになるのが都合が悪い人がいるのでしょう。
しかし、真に平和な社会を創るため、我々は闘い続けます!!


■□■□■


<STOP!拉致監禁・強制改宗 (転載歓迎ニュースサイト)>


http://stoprachi.holy.jp/
日本における拉致監禁・強制改宗問題の解決を訴えるウェブサイト

「StopJapanAbduction.org(日本の拉致を止める)」が米国で注目を集めている。
8月26日に開設されると、ロイター通信(米国版)、AOLニュース、米YAHOOニュース等をはじめ、宗教、人権、国際、政治、経済等、幅広い分野の66の米メディアが一斉にウェブサイトで報道。
もはや統一教会員への拉致監禁問題は、人権や信教の自由に敏感な多くの米国人の間に浸透しはじめている。
もちろん、当の日本でも一部日刊紙や月刊誌が詳しいレポートを続け、反響を呼んでいる。
社会的に問題点が明らかになれば、社会のブラックボックスの中でこそ成立してきた非道な拉致監禁行為は、終息へと向かわざるをえない。


■□■□■


そして、本日10月6日午後11時5分から拉致監禁を特集した1時間番組が韓国テレビSBSで放送されます。
必然的に韓国人もこの問題に大きく注目することでしょう。
北朝鮮の拉致問題とも無関係ではない問題であり、日本人の人権感覚、宗教性が問われることになるでしょう。

番組の予告編はこちら(CM後)
http://netv.sbs.co.kr/sbox/sbox_index.jsp?uccid=10000561019


記事URL:http://peace1.info/article/164770150.html

★天福宮賛美が終わるまではお休みさせていただこうと考えておりましたが、先日のデモを全く報道しないメディアの姿勢を見て、休んでいるわけにはいかない!ネットで真実を明らかにしつづけなければならない!と痛切に感じました。
冗談抜きに内外共に限界を超えている感じですが、体力を振り絞って、統一教会員の拉致問題を訴えかけていこうと思います。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 12:44 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

【拉致被害者】月刊誌「財界にっぽん」10月号に拉致監禁問題の掲載

 月刊誌「財界にっぽん」の10月号に、今回で7回目となる拉致監禁・強制改宗に関する特別レポートが掲載されました。


 全4ページにわたる記事は、8月5日に日本外国特派員協会主催(東京・有楽町)で「統一教会と信教の自由」をテーマに行われた記者会見の様子を、宗教ジャーナリストの室生忠氏がルポしたもの。

 「外国人記者クラブの記者会見で拉致監禁の恐怖の実態を語った後藤徹さん『監禁下では40度の高熱を出しても医者にかかれず』―問題放置は政府の国連外交・人権外交の障害に」との見出しで始まる記事では、最初に、社団法人・日本外国特派員協会について紹介。1945年の設立以降、外務省所轄の特例民法法人として、海外の報道機関のための「日本の窓」の役割を果たすと同時に、日本のマスコミではタブー視もしくは躊躇される質疑も行われることで知られていると説明しています。

 続いて、記者会見に同席したハサン・ムラトビッチ元ボスニア首相やアーロン・ローズ元国際ヘルシンキ人権連合事務総長らの発言を紹介しながら、日本政府の拉致監禁問題に対する無策に欧米の批判が高まっている事実に言及。「自国内に強制棄教の横行を許しておいて人権外交など笑い話にもならない」と、日本の国際的信用の失墜を懸念しました。

 また、記者会見のハイライトシーンとして、日本のメディアの報道姿勢に対して出席者が批判する場面を紹介し、日本メディアの「病巣」を突く記事内容となっています。


 同誌は、9月1日から全国の主要書店で販売されており、主要図書館でも閲覧することができます。


記事URL:http://www.ucjp.org/?p=3557

★日本のメディアが報道しないからといって、世界が注目していないわけではないのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 12:33 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

【拉致被害者】日本の拉致監禁・強制改宗問題を紹介するウェブサイトが米国に開設―約70のニュースサイトで報道―

 日本における拉致監禁・強制改宗問題の解決を訴えるウェブサイト「StopJapanAbduction.org(日本の拉致をとめる)」が8月26日、開設されました。同サイト開設のニュースは、ロイター通信(米国版)、AOLニュース、米YAHOOニュース等をはじめ、宗教、人権、国際、政治、経済等、幅広い分野の66の米メディアが一斉にウェブサイトで報道。宗教の自由や人権に対する米国の関心の高さを表す結果と言えます。


 同サイトは、日本の拉致監禁事件に関する情報の提供と、日本政府当局がこの「人類に対する犯罪」に責任をもって対応するよう促すことを目的として開設。米国務省の「国際宗教自由年次報告書」が1999年からほぼ毎年、日本の報告の中で統一教会信者に対する拉致監禁事件に言及し、日本の警察・司法当局が自国の法に基づいて対処していないという教会側の苦言が取り上げられてきた事実も紹介しています。



記事URL:http://www.ucjp.org/?p=3455(掲載サイトの画像有)

★ついに世界が動き出しました。日本はいつ動くのか。
今現在、拉致監禁されている兄弟姉妹の心が折れてしまう前に、世論を動かし助け出したい!

…というか、もうね、私たちも本格的に動いてもいいと思うんですよ。警視庁前に教会員全員で座り込みしたら、テレビ局も視聴率稼げるから絶対に報道すると思いますし。
その際、後藤さんの映像は衝撃的なものですので、必ず使われるでしょう。後藤さん自身が、テレビ局にも呼ばれると思います。
マスコミの報道が、拉致監禁の悲惨さを伝える方向に動くか、反対派の主張擁護に動くか分からないので、そこが怖いですが…。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 12:52 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。