2011年02月21日

【拉致被害者】当会後藤代表が12年5カ月間の拉致監禁・棄教強要で“脱会屋”らを東京地裁に提訴

当会の後藤徹代表は、このほど、自身に対する拉致監禁・棄教強要に関与した親族や新津福音キリスト教会の松永堡智(やすとも)牧師、「職業的強制脱会屋」である(株)タップ社長・宮村峻氏などを相手取り、東京地裁に損害賠償(約2億円)を求める民事訴訟を起こしました。
 統一教会信者である後藤代表は1995年9月から2008年2月までの12年5カ月間、親族らによって拉致監禁され、棄教を強要されました。監禁中、後藤代表は脱会屋や親族から罵詈雑言を浴びせられ、暴行や食事制裁を受け続け、人生の貴重な時間を奪われました。

 こうした蛮行に対し、後藤代表は2008年6月、警察に告訴状を提出。ところが、東京地検担当検事はこれを不起訴処分としました。

 これを到底容認できない後藤代表は10年6月、検察審査会に不服申し立てを行いましたが、審査会は同年10月、虚偽と詭弁に満ちた被疑者側の供述を一方的に採用し、「不起訴相当」の議決を下しました。 こうした経緯があって、後藤代表は今回、被害の回復と、その罪状を世に訴えるため、民事訴訟に踏み切った次第です。 今なお続く拉致監禁・強制改宗という犯罪行為、重大な人権侵害に終止符を打つうえでも、今回の裁判が重要な一歩となることは間違いありません。


記事URL:http://kidnapping.jp/news/20110203.html

★法の下の平等を求めます。
posted by こまこ at 22:11 | TrackBack(0) | 12年間拉致監禁された後藤徹氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

【拉致被害者】重箱の隅をつつく反対派

後藤徹さんが、病院で計った体重に関してのコメントを
『拉致監禁をなくす会』で発表してくれました。

<後藤副代表、検察審査会「不起訴相当」に対するコメント>

これが全てです。
これ以上でもないし、これ以下でもないということです。

ジャーナリストの米本和広氏も
立ち会った様子をコメントされているので、
更に入院当時の経緯がわかると思います。

6日で10キロ強、体重が増えたということも、
それだけ衰弱していたということであり、
また、回復力も凄まじかったということだと思います。

結論を言えば、体重うんぬんに関して議論するのは、
全くの茶番劇であるということです。

反対派はこのように、細かいことを指摘しながら、
それゆえに全てがデタラメであるという論理で、
私たちを非難してくるのです。

私が、拉致監禁されている時に、
反対牧師が統一教会批判をしていた論理展開と全く同じです。

真実は必ず明らかになります。


記事URL:http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/166538717.html

★物事にはマクロ的見方とミクロ的見方があり、ミクロに何かあったとしても、マクロには影響なかったりします。ミクロが否だといって、マクロが否であるという理論は成り立ちません。
例えば、一本の木が枯れているからって、森が枯れていることにはならないってこと。
体重云々をいくら問題にしようが、後藤さんが虐待された事実は変わりません。

にほんブログ村 政治ブログ 人権へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 13:05 | TrackBack(0) | 12年間拉致監禁された後藤徹氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

【拉致被害者】後藤徹さんのツイッターを応援しましょう!

拉致監禁問題解決のために最前線で力強く闘われている、後藤徹さんを応援しましょう。

WEB上では、後藤さんのツイッターをフォローやリツイート、返信をすることで、大きく後押しすることができます。
http://twitter.com/gototoru

以下、後藤さんのつぶやき。

「私の事件に限らず、拉致監禁による強制棄教が実際行われてきたことは、だれよりもそれを行ってきた、あるいは、行わせてきた人達が一番よく知っている。また、その事実は、延べ4300人の被害者の心に消し難い傷となり今も深く刻まれている。いつまでも野放しにさせない!」

「検察審査会の議決通知書、読めば読むほど怒りがわく。事情聴取の際、正直に話した私がまるでバカのようだ。例えば「被疑者らは、統一教会を批判したり、棄教や脱会を強要したりしたことは一度もない。・・・と述べている。」よくもぬけぬけとそんなウソをつけたものである。

これはひどすぎます。検察審査会は明らかな嘘の主張を認め、真実から目をそらしています!!

理不尽な拉致被害者の立場、そして魂の訴えを政府と国民に届けましょう!


記事URL:http://stoprachi.holy.jp/archives/372


★被疑者らが統一教会を一度も批判したことないなんて、誰でもわかる明らかな嘘です。
被疑者が誰を指すかは知りませんが、統一教会を批判したり、棄教や脱会を強要したりしたことは一度もない。なら、なぜマンションの一室に監禁し、食事すら与えなかったのか。

加害者側の言い分を丸呑みしてしまったら、事件が起きているにも関わらず、犯人の動機がなかったことになってしまうではないですか。
それは、事件は起きなかったと言っているのと同じ。
じゃあ、後藤さんはどうして12年間も統一教会に帰れなかったの?心のままに活動ができなかったの?
いつでも出られる状況なら、やせ衰えてまでマンションにいることなんてしないでしょ。
自分のやりたいことをやるでしょ。

日本の人権感覚はおかしい。
殺人事件とかでもそうだけど、加害者に甘く、被害者に厳しい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 23:39 | TrackBack(0) | 12年間拉致監禁された後藤徹氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。