2011年01月18日

【拉致被害者】山口広弁護士名からの「通知書」について

 慶応大学CARP(原理研究会)のOBで統一教会の青年信者、Nさん(26歳男性)が昨年6月14日未明に東京都杉並区の自宅から失踪した件で、Nさんの代理人、山口広弁護士名で1月11日付「通知書」が当会に届きました。
 その中で、代理人は、当会HPが「2010年6月14日に通知人が拉致監禁され、現在でも監禁され続けている旨を記載し、かかる事実を流布し続けています。NKとのイニシャルであっても、記載内容などからNKが通知人であると容易に特定できることは明らかです」と指摘。(1)通知人が拉致監禁された事実はない(2)通知人が拉致監禁され、今も続いているという虚偽の事実の記載は、名誉・プライバシーを著しく侵害するので、直ちに削除を(3)誠意ある対応がなければ法的手段を取る――と告げています。

 しかし当会は、「Nさん」「NK君」というイニシャル程度では、第三者が本人を特定することはできないと考えます。また、当HPでは「6月14日未明に……自宅から失踪し、現在も行方が分かりません。状況から見て拉致監禁による強制棄教であることが濃厚です」と事実に基づいて当時の状況を述べ、その経緯を追っているものです。

 「結婚」を前提に付き合っていた婚約者に、何も告げず失踪。その後、自宅電話およびNさん個人の携帯電話でも連絡を取れない異常事態の中、1か月半が経過し、一方的に「婚約破棄」「脱会」を表明する通知書が届いたのは事実です。私たちは、本人が連絡を取りたい人と自由に接触できず、また、婚約した当事者同士が、相互に意思確認を直接取り合うこともできない環境で行われる「脱会説得」を問題視しています。

 婚約者が、2009年10月から失踪までの約8か月間、「毎日10通ものメールのやりとりをし、毎晩電話をし、デートも50回重ねて愛を育んできた」にもかかわらず、失踪後50日が過ぎて、なお居場所さえ不明であった事実を述べているのです。

 なお通知人Nさんは、失踪後45日目の昨年7月29日付の内容証明郵便で教会本部に脱会届を、また婚約者に祝福破棄を通知していましたが、私たちはNさんと直接コンタクトできない状況で、これらの文書の内容がNさんの本心か否か確認できず、「偽装脱会」の可能性もあるとみていました。

 しかし、昨年12月26日、Nさんと長く交流のある信徒が本人と接触し、そこで本人の口から直接「統一教会の信仰をやめた」と聞く機会がありました。

 それでも私たちは、Nさんの突然の失踪、相思相愛だった婚約者と突如、一切の連絡ができなくなった状況など、一連の経緯から強制棄教は濃厚と見ています。

 この事件をルポした世界日報の記事を掲載しますので、是非、ご一読ください。

代表 後藤 徹

》》緊急リポート 消えた婚約者 (世界日報紙2010年8月3〜5日より)



記事URL:http://kidnapping.jp/news/20110117.html


★NKさんというイニシャルだけで、統一協会員の私ですらNKさんが誰だかわからないのに、一般の人に特定できるはずがありません。
個人的には、婚約者に直接会って話もせず、通知一枚で婚約破棄をするような人物は、社会人として通用しないと思う。
会社って少なからず辛いところだよ。
神様を失い、江里子さんというかけがえのない支えを失って、NKさんは何を頼りに社会に出て行くのでしょう。
江里子さんが隣にいたら乗り越えられたことも、乗り越えられないかもしれない。
NKさんの社会人としての今後が、私としては非常に心配です。
posted by こまこ at 19:23 | TrackBack(0) | 弁護士・牧師の保護説得ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

【拉致被害者】キリスト教雑誌に東京・荒川教会の小林宗一郎さんのインタビューが掲載

クリスチャン向けの隔週刊誌『リバイバル・ジャパン』2011年1月1日号に、東京・荒川教会青年部の小林宗一郎さんのインタビュー記事が掲載されました。小林さんは、3度にわたって拉致監禁された被害者でもあります。

 インタビューの中で、小林さんは1997年に群馬県のマンションに220日間監禁された3回目の被害のようすを詳しく説明。監禁現場で「信仰を奪われるかもしれない」という恐怖に襲われ、命がけの祈祷生活を続ける中で、「お前を愛している。私の願いをかなえてくれ」と願う神の声を聞いた体験などを話しています。

 また小林さんは、荒川、足立両教会の青年部が、地域のイベントの手伝いなど「信仰を土台とした社会奉仕」を実践し、地元住民と積極的に交流していることを強調。そうした中で、町内会の関係者から「あなたたちは一度も私達に布教せず、町会のために良くしてくれた。だから信頼したんだ。あなたたちの教祖はいい人なんだろ」と称賛の言葉をかけられたエピソードを紹介しています。


 今回のインタビューを行った同誌の谷口和一郎編集長は、同じ号に掲載のコラム「風致一筆」の中で小林さんらの活動に言及。「若手が少なくなった地域の町内会に入って行き、様々なボランティア活動を展開している。彼らはとても『献身的』なので、一定の評価を勝ち得ているようだ」と書いています。


記事URL:http://www.ucjp.org/?p=4974

★クリスチャン雑誌に「統一教会員の拉致監禁問題」についての記事が掲載されました。
他でもないキリスト教の牧師が主犯者となっていることをクリスチャンの方々が知ってくださることを望みます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 17:19 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

【拉致被害者】米本さんの決意!

米本さんは元々は、反統一教会、反カルトの立場を取っていた方である。しかし、この統一教会員に対する拉致監禁問題は、断固として反対の立場をとり続けてきました。

この問題と関わり、ある面では教会を擁護するような立場に立っているため、様々な方面からの攻撃を受けながらも、決してひるむことなく、一貫して拉致監禁の違法性を唱え続けて下さっている。


当然、米本さんは、統一教会員ではない。それなのに、教会員以上に矢面に立ち、自らの利益を顧みないどころか、ルポライター人生をかけて、拉致監禁された数えきれない兄弟姉妹の為に立ちあがっておられる。


その姿に、その決意に、私たちも学び、もっともっと奮起しなくてはいけないと思わされます。
米本さんが勇気を出して仲間たちを批判する立場に立ちました。


私たちも教会を批判せよということではありませんが、謙虚になって私たち一人一人が、教会全体が傲慢になることなく、変わっていくことが、本当の意味で大切ではないかと考えます。


記事URL:http://ameblo.jp/kimkim108/entry-10767619436.html


米本さんのブログ「火の粉を払え」はこちら


★協会側の対応に憤慨しながらも、それでもこのような非道な犯罪は許してはならないと世間に訴え続けてくれる米本さんに、私たちも応えなければなりません。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 19:21 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【拉致被害者】マインドコントロールという大嘘

足立青年部Mさんが拉致監禁されたことを受けて・・・


私がMさんの拉致監禁に関することで知っていることは、
色んな方のブログに載っていることぐらいです。

ですが、私はMさん自身のことは良く知っています。

過去にMさんとした会話を元に、反対派のマインドコントロール論の嘘を検証してみます。


**************************


反対派が主張する統一協会による洗脳の流れの大筋は、


正体隠しの伝道 → ビデオセンターでじわじわと洗脳していく → 統一協会と気付いたときには、マインドコントロールされて自発的にいると思わせるか、恐怖信仰で縛りつける。

といった感じでしょう。


現在は行われておりませんが、実際にMさんが伝道されたときには、統一協会を証さない伝道方法で伝道されました。

が、しかし、Mさんの場合、ここで反対派の主張は全く通らない出来事が起こっています。

なんと、Mさんは伝道された初日に、ビデオセンターは統一協会組織であるということを知ったのです。

なんでも、地図を出そうとして住所をインターネットで検索したところ、統一協会の組織だと出てきたんだとか。


それでも、Mさんはビデオセンターを受講することを自分で決めました。
聖書には興味があったし、純粋にこの世界の真理を知ってみたいと思ったんだそうです。


私は、ビデオセンター受講途中で統一協会と知ったのですが、そのときには、ある程度交流のあった人もいて、その関係性の中で信じて学び続けていくことを決めました。

何もない中で受講を決めたMさんは凄いなと感心したのを良く覚えています。


この内容の会話をしたのが、2007年夏のこと。
まだMさんは実家に暮らしていて、同じ通教部署で学んでいました。



宮村氏が、Mさんのご両親に何と言っているのかは分かりませんが、統一協会の正体隠しの伝道で騙されて洗脳されていると言っているとしたら、それは真っ赤なウソです。

Mさんは学ぶと決意する前から知っていたのですから、騙される道理がありません。



マインドコントロールという言葉はこんなにもたやすく否定できる机上の空論なのです。


にほんブログ村 政治ブログ 人権へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 00:17 | TrackBack(0) | 反カルトのカルト性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

【拉致被害者】正月元旦に拉致監禁事件が発生

日本国民がお正月の初もうでを楽しみ、御屠蘇、お節料理に舌鼓を打っている間、一人の女性に悲劇が襲った。
保護説得という名の拉致監禁の被害が昨年末から年初にかけて、また発生したのである(詳細は米本和広氏の「火の粉を払え」をお読みください)。

統一教会の北東京教区足立支部の女性信者MAさんが実家に帰省中1月1日深夜に調布市のマンションに拉致監禁されたのである。
脱会説得者は拉致監禁請負人の中の重鎮宮村峻氏。
運よく電柱が近くに建っていたため、3日深夜電柱を伝って脱出できた。
しかしマンション側面からの写真をクリックして良く見ていただきたいが、監禁場所は3階である。
そばに建つこの電柱(手前のものは撮影条件から写真に入ってしまったが、別に離れた場所にある。
脱出できたのは写真中央の電柱)は、現場で見ると監禁現場である3階のベランダから少し離れている。
ベランダの手すりから両手を伸ばせばやっと電柱側面の取っ手に届くか届かないかくらいに見えるが、この高さでこの距離であり、しかも女性である。
電柱に移るのにかなりの恐怖感があったことであろう。
しかし、その恐怖感さえも超えさせるのが、拉致監禁説得のものすごい圧迫感ということであろう。決死の脱出行であったことは間違いない。

今回は速報としてお伝えするが、機会があれば本ブログでも改めて取り上げてみたい。


記事URL:http://miyamurakenkyu.seesaa.net/article/179422819.html#more


★今回、拉致監禁被害にあったのは、私が本当に良く知っている姉妹です。
先日の礼拝の場で会い(その時私は拉致監禁の事実は知りませんでした)笑顔に元気が無くて、とても心配に思いました。
彼女は、拉致監禁の事こそ言いませんでしたが、両親とちょっと問題がね…と沈んだ声で言っていました。
そして、兄弟姉妹のおかげで私は生きれていると何度も言っていました。
彼女の再びの拉致監禁を防ぐため、これ以上拉致監禁の被害者を増やさないためにも、再びブログを更新して、拉致監禁という犯罪を世の中へ知らせていきたいと思います。
宗教迫害、拉致監禁の被害が無い世界へ…!!


にほんブログ村 政治ブログ 人権へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 23:52 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)発生! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

【拉致被害者】反対派の常套手段

両親と弟と親戚の4人が常時、
ホテルの部屋の中で、私とともに生活をしている。
私は一歩も外に出ることが出来ないし、
両親たちも特別なことがない限りは、ほとんど部屋の中にいることになる。
一般的には、考えることが出来ない生活をしているのだ。

親戚がいなくなるのを合図としながら、
この日も両親と弟が私を囲んで話し始めた。
「何で統一教会に入ったの?」と母が聞いてくる。

どこが良かったのか、今の生活はどうか、家族を苦しませることに対してどう思っているのか、
そして原理は真理だと思っているのか、文鮮明(先生)に対しては、どう思っているのか、
いろいろと質問された。

私は、前回も書いたとおり、気持ちを込めて話すと
自分の気持ちが奪われてしまうと思って、極力淡々と答えた。
弟が無表情の私に対して、納得のいかない様子だったが、
相手のペースに乗ってはいけないと思い、そのままの調子で話していった。

何回か、このような話をした土台で、こんな話をしてきた。
たぶん弟からだと思う。
「原理が真理だと思うなら、何でこの場で話さないんだ。
今回、兄貴が伝道できるチャンスだから説明してみたらいいじゃないか。
俺たちも一生懸命聞くし、もし兄貴の説明で納得がいったら、教会に入ってもいいよ。
一挙に3人伝道できたら凄いじゃないか!」

素晴らしい誘惑の言葉。サタンというのは実に巧妙である。
一瞬、「3人が伝道できたらどれだけいいのだろうか」と思わされたのだが、
監禁下で講義をし、氏族が伝道された、などという話を聞いたことがない。
私は8/25に自宅で両親に講義をしようと思っていたのに、
監禁中のホテルで講義をするなんて、考えもしなかった。



原理を監禁下で語らせるのは、反対派の常套手段であります。
いくら涙で訴えたとしても、反対派の指導の下で聞いているのですから、
相手の思う壷というものです。

念のため、記しておきますが、弟のことを「サタン」といっているのではなく、
弟を通して、サタンが関与しているということを言っているので、
誤解しないようにお願いします。
次の回でその意味がわかります。


記事URL:http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/172785482.html


★心を開いて話せば、その人の内面を破壊しようとする反対派の思う壺。
拉致監禁は恐ろしい犯罪です。


にほんブログ村 政治ブログ 人権へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 19:02 | TrackBack(0) | 反カルトのカルト性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

【拉致被害者】「守れ!日本の人権と信教の自由」決起集会

「守れ!日本の人権と信教の自由」決起集会

全国で21,000人が参加



1966年から始まった拉致監禁による強制棄教。その数は、過去44年間で4300人に上ります。そして、この蛮行は未だ続いています。
被害者の多くは、拉致監禁下で強制的に信仰を破壊されるというショッキングな体験が尾を引き、自分の被害体験を語ることさえ困難な人も少なくありません。そのような被害者が、個人の力でこの由々しき問題を世に訴え解決に導くことは至難の業であります。

そのような中で、私(当会代表・後藤)が2008年2月10日に拉致監禁から12年5か月ぶりに解放された衝撃的な事件は、これ以上、拉致監禁による犠牲者を出してはならないという機運を否応なしに高めました。そして、そのためには、まず、被害者同士が励まし合い、いたわりあい、互いに結束し、世の中に訴えかけるため、当会が今年の1月8日に発足いたしました。当会は、結成後、今日まで、この事実を知り、理解を示して下さる支援者と共に、拉致監禁問題を解決するための様々な活動を展開してまいりました。

去る12月3日(金)、当会の主催により「守れ!日本の人権と信教の自由」決起集会とデモ行進が、東京都千代田区日比谷公園内の日比谷野外音楽堂に約3,200人を集め、行われました。時を合わせ、北は北海道の稚内から、南は沖縄まで、全国57カ所で合計約21,000人が拉致監禁、強制棄教に抗議する集会とデモ行進を敢行いたしました。当会の結成から約一年が経ち、今日までの活動の総決算として、被害者とその支援者が一つとなり、全国各地で一斉に声を上げ、たいへん意義深い一日となりました。

「私たちは、長い間、忍耐してきました。しかし、私たちは、もう、これ以上、黙っていることはできません。」

日比谷での集会で被害者の一人である片桐名美子さんにより読み上げられた、この宣言文の一節は、全国で声を上げた全ての被害者に共通する切実なる思いであります。

当日は、全国的に未明から午前中にかけ、私たちを取り巻く環境を象徴するかのように、暗雲が垂れ込め、暴風雨や、一部雷、竜巻を伴う荒れた空模様でした。しかし、デモ行進が始まるころには、ほとんどの地域で青空が広がり、一部では、デモ行進のさなかに虹がかかり、歓声が上がったと聞いています。

「まるで、この闘いの勝利と前途を祝福する天の演出のようでした」参加したある方は、このように感想を語っていました。

拉致監禁に抗議するデモコールに耳を傾け、ビラを受け取り、食い入るように読む人々の姿が全国各地で見られました。

今回の全国一斉集会デモ行進を契機として、全国の被害者がより一層団結し、信教の自由と人権を重んじる世界中の支援者と共に、拉致監禁問題が完全に解決するその日まで、歩みを止めることなく前進してまいりましょう!

この度の集会とデモ行進の準備に尽力された皆様、そして、悪天候、平日にも拘わらず参加して頂いた全ての皆様に、心から感謝申し上げます。


全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会  代表   後藤 徹




記事URL:http://kidnapping.jp/news/20101214.html


★難しい問題であったとしても、必ず解決を目指します。



にほんブログ村 政治ブログ 人権へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村
posted by こまこ at 22:46 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)抗議デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。