2010年10月15日

【拉致被害者】後藤徹さんのツイッターを応援しましょう!

拉致監禁問題解決のために最前線で力強く闘われている、後藤徹さんを応援しましょう。

WEB上では、後藤さんのツイッターをフォローやリツイート、返信をすることで、大きく後押しすることができます。
http://twitter.com/gototoru

以下、後藤さんのつぶやき。

「私の事件に限らず、拉致監禁による強制棄教が実際行われてきたことは、だれよりもそれを行ってきた、あるいは、行わせてきた人達が一番よく知っている。また、その事実は、延べ4300人の被害者の心に消し難い傷となり今も深く刻まれている。いつまでも野放しにさせない!」

「検察審査会の議決通知書、読めば読むほど怒りがわく。事情聴取の際、正直に話した私がまるでバカのようだ。例えば「被疑者らは、統一教会を批判したり、棄教や脱会を強要したりしたことは一度もない。・・・と述べている。」よくもぬけぬけとそんなウソをつけたものである。

これはひどすぎます。検察審査会は明らかな嘘の主張を認め、真実から目をそらしています!!

理不尽な拉致被害者の立場、そして魂の訴えを政府と国民に届けましょう!


記事URL:http://stoprachi.holy.jp/archives/372


★被疑者らが統一教会を一度も批判したことないなんて、誰でもわかる明らかな嘘です。
被疑者が誰を指すかは知りませんが、統一教会を批判したり、棄教や脱会を強要したりしたことは一度もない。なら、なぜマンションの一室に監禁し、食事すら与えなかったのか。

加害者側の言い分を丸呑みしてしまったら、事件が起きているにも関わらず、犯人の動機がなかったことになってしまうではないですか。
それは、事件は起きなかったと言っているのと同じ。
じゃあ、後藤さんはどうして12年間も統一教会に帰れなかったの?心のままに活動ができなかったの?
いつでも出られる状況なら、やせ衰えてまでマンションにいることなんてしないでしょ。
自分のやりたいことをやるでしょ。

日本の人権感覚はおかしい。
殺人事件とかでもそうだけど、加害者に甘く、被害者に厳しい。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 23:39 | TrackBack(0) | 12年間拉致監禁された後藤徹氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

【拉致被害者】アメリカの牧師たちと日本人の拉致監禁被害者の抗議と会見<世界日報>

米国の宗教指導者や人権団体と日本の統一教拉致監禁被害者らが12日、米ニューヨークの日本総領事館前で記者会見とデモを行い、日本の統一教会の信者の拉致被害者の人権侵害の停止と拉致された人々の即時釈放を求めるした。

米国の聖職者指導者連合(ACLC)のマイケルジェンキンス議長、ニューヨークハンチントン - コールドスプリングハーバーメソジスト教会ルオンラオジュ牧師、フィラデルフィアオスンジョルギョフェパ提示エドワード司教、国際宗教自由連盟ダンペポマン会長などの聖職者や人権団体の関係者は、この日、日本の統一教人権蹂躙問題を解決するために、日本政府が積極的に取り組むよう要求した。

この日の記者会見には、美智子プレスキー、三越アンタル、ルーク樋口などの拉致監禁被害者3人が参加し、日本で恣行されている人権侵害行為を暴露した。

ルオンラオジュ牧師は"我々の味方であり、民主主義国家である日本ではこのような拉致、監禁、宗教の自由の侵害行為が容認されているのに対し、衝撃を禁じえない"と強調した。

ラオジュ牧師は"米国の120人の牧師たちが手紙を介して、この問題への懸念を表示しており、1000人が人権蹂躙の中断を求める署名をした"と明らかにした。

マイケルジェンキンスACLC議長は"米国の聖職者の指導者の連合が、米国務省の宗教の担当者を複数回会って、日本国内で起こっているの拉致、監禁事件を知らせた国務省の宗教担当者が、去る3月に東京を訪問して調査を行った結果、日本の司法当局が人権蹂躙と宗教の自由の侵害犯罪者に対して何の措置も取らずていないことを確認した"と主張した。

ジェンキンス牧師はこの日、ニューヨークの日本総領事館に、日本政府の厳正な法執行を促す牧師たちの書簡に署名が入れられた資料を提供した。

今回のイベント主催者側は、日本人の統一教会の信者の拉致、監禁被害者が、過去44年の間に4300人に達し、現在の韓国では300人、米国で20人が拉致、監禁の後遺症を経験しながら暮らしていると明らかにした。

ニュージャージー州のレオ州に居住するルーク樋口(47)は"去る1989年1月に拉致され、精神病院に3ヶ月の間、親戚の家で1ヶ月間監禁されていた"と話した。

彼は、"夫が米軍の牧師であり、ニューヨーク州プキプシエ住んでいる美智子アンタルウルはじめ、多くの犠牲者が米国市民であるため、米議会もこの問題に大きな関心を持って聴聞会を準備していると聞いている"と述べた。

ワシントン=グクギヨン特派員


記事URL:
http://plaza.rakuten.co.jp/peace3world/diary/201010130000/

★私は、チベット解放運動を思い浮かべました。
世界とチベットはチベットは中国ではないと訴える。けれど、当の中国はそんな問題はないと言い張り、チベット民族の人権を蹂躙し続ける…
セブン・イヤーズ・イン・チベットじゃないけど、後藤さんの体験談を基にした映画がアメリカで作られないかなぁ…


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!

2010年10月13日

【拉致被害者】検察審査会の結果

 すでにご存じの方も多いかと思いますが、残念ながら後藤徹さんの検察審査会での結果は『不起訴相当』だったとの事です。

しかしながら、陳述書の作成・有識者の証明活動・デモ行進・ビラ配布など、これまでの皆さまのご協力に心から感謝します。この場を借りてお礼申し上げます。


以下に『全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会』HPに掲載された、後藤徹さんのコメントを引用します。


「当会代表、後藤徹が申し立てを行っていた検察審査会における議決の結果が出ました。
私は12年5か月にわたる拉致監禁事件の不起訴を受けて、検察審査会に不服申し立てを行っていましたが、この度、東京第四検察審査会からの議決の結果(10月6日付)を知らせる通知書が代理人弁護士に送られてきました。

結果は、残念ながら『不起訴相当』で、当方の申し立ては認められませんでした。議決通知書の内容は、ほとんど被疑者側の供述を採用しているばかりでなく、その供述においても明らかな虚偽が多数含まれており、とうてい納得できるものではありません。

私の事件に限らず、拉致監禁による強制棄教が実際行われてきたことは、だれよりもそれを行ってきた、あるいは、行わせてきた人達が一番よく知っています。また、その事実は、延べ4300人の被害者の心に消し難い傷となり今も深く刻印されています。それは、信者、元信者の区別なくです。私の事件の被疑者達も、刑事罰からは逃れることはできても、もし、彼らに良心のかけらでもあるならば、その良心が彼らを責め続けることでしょう。

この検察審査会の結果をもって拉致監禁による強制棄教が国家国民によるお墨付きを得たとして、この犯罪的蛮行がますます野放しになることを深く憂慮します。もし、そうなれば日本は民主国家の重要な価値である信教の自由と基本的人権が欠落した国として、国際社会からの非難を免れないでしょう。私は、今なお行われているこの犯罪行為、重大な人権侵害を撲滅するため、今後とも奮励努力していく所存であります。皆様には引き続きこの問題に関心を持って頂き、ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


後藤 徹」


 
 非常に残念な結果ではありますが、日本における『人権』感覚と世界の『人権』感覚のギャップが、この結果を通して、更に明確になったと言えます。いずれ海外の公的機関・人権擁護団体・活動家・メディアなどが、この人権感覚の『異常性』を暴き出す様になってくる事でしょう。

 我々としましては、今後の活動においても、変わらずにコツコツと継続的活動を行う事が重要であると考えます。


記事URL:http://ratikan2010.blog134.fc2.com/blog-entry-79.html

この検察審査会の結果をもって拉致監禁による強制棄教が国家国民によるお墨付きを得たとして、この犯罪的蛮行がますます野放しになることを深く憂慮します。
本当にそう思います。
殺人事件の裁判とかみてても、日本は被害者より加害者の人権を重視しがちですよね。
中国並みの人権感覚と嘲笑される前に、解決されてほしいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 18:26 | TrackBack(0) | 12年間拉致監禁された後藤徹氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

【拉致被害者】大阪と群馬で拉致問題に抗議のデモ

大阪府大阪市と群馬県前橋市で9月26日(日)、統一教会員に対する拉致問題に抗議するデモが行われました。

 大阪市では、鶴見北中央公園に集まった約120名の参加者を前に、方相逸教区長が挨拶。続いて、関西 拉致監禁被害者の会・大木伸児事務局長が激励の辞を述べました。

 大阪は、大阪教会所属のM・Oさん(27歳・女性)が8月14日から監禁中とみられており、また、デモルートには、悪質な拉致監禁事件への関与で知られる松沢力男牧師が所属する鶴見栄光キリスト教会があります。

 被害者のため黙祷を捧げて出発したデモ隊は「拉致監禁・強制改宗を許すな!」「一部の基督教牧師は強制改宗をやめよ!」等、悲惨な拉致問題の解決を求め、義憤の声をあげました。また、事前に配布した抗議ビラが地域住人の関心と注目を集め、ビラを片手に「読んだからな〜。頑張ってな〜!」と声をかける住人もいました。参加者からは「今もまだ戻って来られていない拉致監禁被害者の方達に『大丈夫です。貴方は一人ではないです』と伝えたい一心で行進しました」という感想も聞かれました。

 群馬県前橋市では、約500名の参加者が「再臨運動」で有名な内村鑑三の碑のある高崎公園に集合し、抗議集会およびデモを行いました。主催者の李軍周教区長による挨拶に始まり、本部で拉致問題対策を担当する小山田委員長補佐から、対策プロジェクトの経過報告が行われました。参加者は、デモの意義を理解する一方、悲惨な拉致問題の実態に深刻に聴き入っていました。

 続いて登壇した東京 拉致監禁・強制改宗被害者の会の小林代表は、群馬県太田市で監禁されていた事実に言及。合計3度の拉致監禁を受けた経験から、「二度とこういった悲惨な被害が起きないように取り組む」と現在の心境を力強く語りました。

 デモ隊は、250名ずつの二団編成で行進。高崎公園を出発し、高崎市役所前、高崎駅前、商店街を練り歩きながら、約1時間に渡って「拉致監禁・強制改宗という人権侵害をやめよ!」と訴えました。


記事URL:http://www.ucjp.org/?p=3896

★信仰は個人個人の内面深くに関わる問題であり、たとえ家族といえど強制強要してはいけないと思います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 17:07 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)抗議デモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

【拉致被害者】孝成教会員Hさん、監禁解放されました!

8月13日に消息を絶っていた孝成教会員Hさん(女性)が、
10月6日、54日目に無事解放されました!


Hさんはこれまで2度監禁された経験があったため、教会
責任者および婚約者が弁護士と共に警察署を訪ね、事件性が
あることを訴えました。
それを受けて警察から家族に問い合わせがなされました。
家族としては裁判沙汰になることを恐れて、娘を解放する
ことにしたそうです。

全国の教会員の皆さま、
そして祈ってくださった皆様に
心から感謝います。


今なお4人の教会員が監禁下にあります。

1.NKさん(男性、孝成教会)
2.MKさん(男性、孝成教会)
3.OMさん(女性、大阪)
4.MYさん(女性、大阪)


記事URL:http://kouseich.seesaa.net/article/165078781.html

★解放されて、本当に良かった…!!
まだ拉致監禁されている兄弟姉妹の一日も早い解放を願います!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 13:03 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)発生! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

【拉致被害者】後藤徹さんの訴え「不起訴相当」しかし、決して屈してはならない

12年5ヶ月の間、拉致監禁を受けた後藤さんは、宮村峻氏らを刑事告訴しましたが、不起訴になり、
再度、検察審査会に不服申し立てをしていました。

後藤さんのツイッターhttp://twitter.com/gototoruを見てもわかるように、
今回、「不起訴相当」という結果になったそうです。

どういう形で、不起訴相当になったのかはわかりませんが、
当事者である後藤さんにおいては、様々と準備してこられたにもかかわらず、
このような結果になって、本当に無念至極であると思います。

『しかし、言うまでもなく拉致監禁による強制棄教は刑法に違反する犯罪であります。
 首謀者達は、自分たちが何をしてきたか、させてきたかよく知っている。
 これ以上、野放しにはさせない。 』

という文章にも表れているように、
これで戦いは終わったわけではなく、むしろこれからが出発であると言えるでしょう。

SBS放送も一つのきっかけだと思いますが、
拉致監禁の実態を世間一般に対して、もっと知らせなければなりません。

罪を覆い隠すことは決して出来ないのです。

後藤徹さんのことを多少なりとも知っている人間として、私は常々感じているのですが、
彼は神様が立てた人物であると本当に思います。
彼を切り口として、拉致監禁の問題は必ず解決するでしょう。

全くの余談ではありますが、
彼の名前を見ても、後藤(Go to)徹(通る)ですから、勝利の道を通って行く人物なのであります!

皆さん、これからも後藤徹さんを応援しましょう。
私も微力ながら、ブログやその他の活動で、
この問題を撲滅するために邁進していく所存であります。


記事URL:http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/165213498.html

★本日、「天地人真の父母定着完了10.14祝福式」が挙行されたわけですが、喜びの反面、非常に無念の思いでいっぱいです。現在、拉致監禁(保護説得)被害にあっている兄弟姉妹がいます。その5名の方は拉致被害にあわなければ、本日の祝福式に出席していたはずでした。神様に与えられた相手と、喜びの一日を過ごしていたはず・・・。
祝福を受けた兄弟姉妹の皆様の喜びに水を差すつもりはありません。
ただ、現在も拉致監禁下にある兄弟姉妹の苦しみ、行方の分からない相対者を必死で探し無事を祈り続ける兄弟姉妹の苦しみを思うと、胸が張り裂けそうです。

また、後藤徹さんの訴えが不起訴相当と判断されてしまったことも悲しみであります。
それだけ、統一教会員の拉致監禁(保護説得)という棄教強制が、巧妙な手段であるかということでしょう。
統一教会員の拉致問題は、海外はもうすでに動き始めています。
その波が一日も早く日本に届き、解決されることを心から願います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 23:25 | TrackBack(0) | 12年間拉致監禁された後藤徹氏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

【拉致被害者】韓国SBS拉致監禁ドキュメンタリー感想

先日、韓国SBSで放映された拉致監禁のドキュメンタリーの感想を多くの方がブログにかいていらっしゃいますので、その中から何名かの記事をご紹介させていただきます。


************************


昨日10月6日夜、韓国SBSで放送された「ニュース追跡」を見ました。

個人的な感想は以下の通りです。

•番組は比較的客観的な内容で、統一教会の最近の礼拝の様子や韓国の田舎にお嫁に来た日本人女性の生活が「ありのまま」放送された。
•韓国ではキリスト教信者からは「異端」と思われている事実もそのまま伝えていた。
•拉致監禁に携わっている清水牧師のインタビューもされているので、偏向的な内容ではないように思える(宮村峻氏は取材を拒否。反対派のブログを見ると「偏向報道」とありますが、必ずしもそうとは言い切れないでしょう)。
•全体として重い雰囲気なので、これを見た教会員が元気になることはない。(と予想)
•論点はずばり「人権」。番組の最後では「いくら異端だとしても、人権は守る必要があります」とまとめている。


日本語に翻訳されたものがあるといいですね。


記事URL:http://true-love-family.at.webry.info/201010/article_7.html


************************


韓国SBSの拉致監禁問題の報道については、
たくさんの方が、ブログで感想を書いておられるので、
重複するところがあると思いますが、
私自身の思うところも、述べさせていただきたいと思います。

まずは、統一教会の拉致監禁問題に対して、
初めて客観的な報道をしたSBSに敬意を表したいと思います。

韓国では決してあり得ない、
『親族を通しての拉致監禁・強制改宗』が何故行われているのか、
被害者(韓国在住の日本女性、後藤徹氏)と
加害者(親と反対牧師、反対活動家、弁護士)、
さらにはジャーナリスト(米本和広氏)のインタビューも交えながら構成されていました。

統一教会の教理や結婚観(合同結婚式の意義)に対しても、
統一教会側(亨進世界会長や國進理事長)とキリスト教牧師からもインタビューをしていて、
とても客観的な観点で報道していました。

反対活動家の宮村峻氏にもインタビューをする予定でしたが、応じませんでした。

反対牧師の清水与志雄氏はインタビューを受けましたが、
SBSスタッフの「親からお金をもらっているのか」という質問に対し、
「一切もらっていない」と答えていました。


私の親は彼との関わりは一切ありませんが、
私を統一教会から脱会させるために頼んだ牧師に対して、
200万円払ったとハッキリ言っています。


さらに報道の中で、娘を脱会させるために
「牧師に100万円以上払った」と証言している父親がいました。
しかも「領収書をもらわずに、手渡しした」とも言っていました。


清水牧師だけがお金を親からもらっていないということは絶対にありません!
テレビであのような証言をしたわけですから、証拠が残ってしまいましたね。

さらには、彼が関わった女性の写真
(PTSDにかかって体中がアトピーになっている)を見せた時、
突然拒絶反応を起こし、インタビューを中止しました。

何か、その女性に対して質問された場合、公表できない不利な情報でもあるのでしょう。

更に、さきほどの「100万円以上払った」という父親は
「娘を拉致した」とはっきり言っていた
のです。


罪は覆い隠すことが出来ません。そして、真実が明らかにされる時が来たと思います。

日本政府もいつまで、この問題に対して、無視を貫いているのでしょうか。

日本の報道機関もいつまで偏った報道をし、真実を隠したままにしておくのでしょうか。

いよいよ黒船が到来してきました。

イエス様が「石が叫ぶだろう」と言われたように
真実はいずれ明らかになるのです。
私たちが叫ばなくても、石が叫ぶほどになることでしょう。


記事URL:http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/165040203.html


************************


韓国、SBSの放送を見た。
実際に被害にあわれた方が出ていた。

私の妻の拉致監禁にかかわった清水牧師も出ていた

インタビューの途中で
「ここから放送しないでください」
と言って、退席するシーンもあった。

この放送を、拉致監禁体験者が見れば
PTSDを起こすと思われる。
妻も多分、そうなるであろう。

統一教会に影の部分があるにしても
日本に信教の自由は保障されているはず。

マスコミはよく「表現の自由」といい、
人のプライバシーまでも正当化して報道する。

しかし、人権を無視するとはどういう事か?

信教の自由はこの国には無いのか・・・・・・


記事URL:http://asita-tennkininaare.seesaa.net/article/165004873.html


************************


番組のより詳しい内容は、こちらでまとめてくださっています。

私はまだ見ていませんが、こうして報道されたことはとても進歩的なことのように感じ嬉しく思っています。
世界が動き、一日も早く拉致監禁(保護説得)問題が解決され、拉致被害者がこれ以上でないことを願います。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
一日も早い解決を!
posted by こまこ at 18:02 | TrackBack(0) | 拉致監禁(保護説得)報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
応援クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。